機密保持情報が公開!大逆襲開始!【ゆっくり解説】

概要
http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. むらむら より:

    少し前に捕鯨関係のドキュメンタリーが放送されていたけど商業捕鯨再開しても鯨肉売れてないし補助金なくなるから調査捕鯨時代と比べて経営的には大変になるって厳しい話だった。

  2. 斉藤理 より:

    正式名は「国際捕鯨委員会」であって「国際鯨保護委員会」ではないし、設立目的も「鯨資源の保存及び 捕 鯨 産 業 の 秩 序 あ る 発 展 を図る」だったのに、単なる反捕鯨団体になってしまった。
    IWCの規定に従って調査捕鯨のみを行い、調査後はこれも規定の通りに解体処理して流通に乗せるという「まったく問題ない」行動のみを行っていた日本を激しく批判・非難し、一方では混獲と称して日本の何倍も鯨を商業捕獲しては何百軒もある鯨料理専門店で消費している南鮮は日本以上に非難されなければならないのに、完全放置。
    そんな不公正な国際組織にカネを出しデータを提供する義理など、まったくないってこと。

  3. OKはん より:

    遊びで先住民を狩ってたオーストラリア人が
    鯨をキルすなとか笑わしてくれる

  4. 浩司 関口 より:

    だんだんよくはなってると思うが、日本の弱腰外交は直すべきだ❗️

  5. はなはなはなはな より:

    日本は捕獲した鯨達から海洋調査の為のデータを取った後、無駄なく各部位を色んな材料として使用して、お肉は頂き、残った骨は鯨神社に祀っていると聞いた事があります。
    元々、日本の文化で食べていましたが、1頭捕れると沢山の人の命に繋がり資源の無い日本では色んな材料にもなり(昔の時計などのゼンマイとか)無駄なくその命を頂いているのです。
    歪んだ自分達目線でひたすら非難を繰り返し、半ばテロ行為的なシーシェパードの妨害行為には相手を理解しようとする行為が伺えず、軽蔑しかありません。

  6. まだない より:

    シーシェパードのトップ国際指名手配されてドイツで逮捕されて保釈申請して保釈中にフランスに逃亡して奴でもう海外に行く事すら出来ない状態じゃなかったっけ

  7. Ryuku Arcadia より:

    散々日本の調査捕鯨を非難してきたIWCが日本脱退後、どの様に調査捕鯨をして行くか見ものだね!
    ただ問題はクジラが増える事で海の生体系が変化するのは間違いないし、今後も何らかの実害が出ても日本の調査捕鯨を非難してきた国として、クジラを間引きする事の判断を下すのは難しいだろうね!

  8. invincible novic より:

    捕鯨禁止して、サメ増えて、海の生態系が崩れ、さらに人間の被害者が増える。これが捕鯨禁止国の目指すところ?

  9. 御手手 より:

    自分らが変な捕鯨をしていたから、日本もそうに違いないってことなんだろうけど、肉が目的なんだから、恐れるようなことが起こるかどうかわかりそうなモンだろ。実験動物について彼らはどう思うのか。

  10. go indi より:

    オーストリアの海では、サメが増えているようですね。

  11. ダツコタツ より:

    クジラヒゲの釣り竿一本欲しいなぁ
    今ではソリッドカーボンていう上位互換の素材があるけど
    ロマンがあるんよなぁw

  12. ANJI より:

    周りが騒がしくなってから同調する政治家の見ているのは票だけ

  13. 埼玉県民 より:

    美味いし栄養あるんだから、IWCが何と言おうが(節度を保った上で)捕獲して喰いましょう。

  14. その筋 より:

    アングロサクソン世界の構築にストップを掛けたのが日本だからなぁ。

  15. Himajin 3 より:

    国際機関で機能してないのはIWCだけじゃない。
    WHOとか安全保障理事会とかいっぱいあるアル。

  16. suguru tachikawa より:

    日本人差別だからIWCは変わらない。イギリスからわずか300キロ北、フェロー諸島でイルカ漁をやっているが白人なので問題にしない。イギリスではなかったので訂正しました。

  17. 西本陽一郎 より:

    日本のIWC脱退で運営資金が無くったんだよな、確か。

  18. be free より:

    役人に甘々な岸田と中共大好きリンでは日本の外交が絶望的だ。恐ろしくて仕方ない。

タイトルとURLをコピーしました