【ゆっくり解説】大予算で大損害!制作会社を倒産させた映画9選

概要

#ゆっくり解説
今回は映画に影響されすぎたり映画に影響を与えまくってしまった映画会社のやらかしについてゆっくり解説していくぜ。

▼関連動画
【ゆっくり解説】予想外の大赤字!大コケしてしまった洋画10選
https://youtu.be/iDuwgHhZlWA

オリジナル立ち絵:バニえもん様(オリジナル)
———————————————

※本チャンネルは個人で運営しており、全ての動画をオリジナルで制作しています。
「知的好奇心」をテーマに独自の視点で解説や考察を付け加えたコンテンツを発信しています。

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. matsuya より:

    当時それほどお金と時間をかけて作ったファイナルファンタジーも、今や普通のゲームのリアルタイムのイベントシーの方が綺麗なレベルだから技術の進歩は凄いよな

  2. RYAN×2 より:

    FFの映画は大コケしたと言うのは有名な話だし世界観とかもFFらしくない失敗作と言わざるを得ないけど、後のFF7ACやゲームのCGなどにノウハウが生かされたのかなって思えば意義があったと思います(思いたい)

  3. Rainytawn より:

    ファイナルファンタジー待ってましたw
    日本での不人気の理由に字幕は関係ないな
    ゲームと全く別物で
    ストーリーが意味不明
    フルCGも最初だけ驚くが見ていると慣れちゃう

  4. SR 47 より:

    「映画的な面白さは本物の映画に決して敵わない。ゲームだからこそできる面白さを追求していきたい」FF製作者の某氏が三十数年前に雑誌の取材に応えた言葉

  5. アラメイン エル より:

    FFは劇場に観に行って、色んなグッズも買いましたしDVD持ってます。私はFFのゲームは一切やったことがなかったので「こういう得たいの知れない世界感」なんだと、それなりに満喫しました。

  6. Sin River より:

    映画の製作のせいで本業のゲームの製作費を削りまくった結果、チームを手放しゼノギアスの続編が永遠に無くなった、ほんとに許せねえ……。

  7. 人喰いレッサーパンダ より:

    低予算だったり、訴訟ギリギリのモノ作りまくってるアサイラムがしぶとく生き残ってるのは意外にも凄いことなのかもしれない

  8. TL T より:

    映画ファイナルファンタジーの大コケのせいで、スクウェアのリストラ策の一環として同時期に制作されていたアニメ『FF:U』が物語の途中で打ち切りになり、今なお未完のままとなっているという悲しみは今でも忘れない…。

  9. abbtk14 より:

    CGはすごいのに脚本やキャラ設定で大失敗って本当に多いですね。ファイナルファンタジーなんか当時、もう高価なセットや生きた俳優なんかいらなくなるだろう…とまで言われたのに、内容があそこまでさっぱりとは…。

  10. 196173 southfield より:

    レイズ・ザ・タイタニックは観ましたが、
    中盤までは登場人物が多く、マスコミ暴露など色々と賑わしかったものの、
    後半は登場人物が主人公の妻を含め、ほとんどフェードアウトしていて、
    「竜頭蛇尾」といった構成に思われました。
    タイタニック号浮上シーンはド迫力だったけど、見せ場はそこだけ。

  11. 浦賀博稀 より:

    4:08 映画ファンの友人がこの映画酷評される理由に、英語での副題「Quest for Peace(日本語で言えば、平和への探索)」から。
    正義の味方であるスーパーマンがどうやって平和に献身するか?と期待したのに、出来たのが動画の説明通りの評価で大勢のスーパーマンファンからあきれられた。
    と言っていた

  12. cryptmind より:

    「素晴らしき哉人生」は映画自体がパブリックドメイン(著作権放棄)みたいになっていて、クリスマスのTVプログラムの定番になっていたと聞きます。

  13. 天池武士 より:

    「天国の門」は僅か数秒しか映らないシーンだけのために当時の機関車をアメリカ中探して持ってきて走らせただのというトンデモエピソードが満載

  14. ぺれすとろイカ より:

    FFは制作もなぜかハワイでやってたので、要らなくなった機材を売るのも輸送費がかかってタダ同然で処分することになったとかいう話

  15. m o より:

    天国の門が元々5時間だったなら
    監督の思うがままの映像を
    そのままでディスク出したら
    再評価される可能性もあると思うし
    単純に見てみたい

  16. 森川徹 より:

    素晴らしき哉、人生!が近年になって皆に観られる映画になったとは知らなかった!

  17. Tetsuya Nakamura より:

    アトムに関しては、虫プロとアメリカ側スタッフの間に起こったひと悶着を
    NHKのドキュメンタリーで放送していた
    米側はアトムをもっと青年風にしたかったが
    虫プロはアトムは少年型ロボットだと断固として譲らなかった結果、
    折衷案であの顔と体型になったらしいですよ

  18. I Y より:

    月夜のおばあちゃんめちゃくちゃコアなネタを持ちまくっている

  19. null gamer より:

    ファイナルファンタジーもメタルギアも、ユーザーはゲームをやりたいのであって、受動的に長ったらしい映像を見たいわけではないんだよな。

  20. ああああ より:

    最近あなたの動画ばかり見てます。

タイトルとURLをコピーしました