【歴史解説】ゆっくり大江戸116妖怪と呼ばれ恐れられた男~鳥居耀蔵~蛮社の獄と天保の改革【江戸時代】

概要

妖怪・幽霊https://youtu.be/GKzdl9n0dZw
大塩の乱https://youtu.be/kC6gZy7_PIo
天保の改革https://youtu.be/M77v5EQ0zQ0
ゆっくり大江戸全話https://www.youtube.com/watch?v=AII3hNUT4kM&list=PLHcFh-Yqb1ppXboptCOfBFMzeEqHh3q-Z

サブチャンネルはこちらhttps://www.youtube.com/channel/UCVht-Wpbj9TySbUyzb4f7UA

Twitterやってます httpd://twitter.com/tera_sen

※この動画は東方Projectの二次創作であるゆっくりキャラを用いた解説動画です。またキャラ素材【ゆっくり魔理沙改】の改変素材を個人的に作成、使用していますのでご了承下さい

#天保の改革#蛮社の獄#水野忠邦#遠山の金さん#モリソン号事件

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. abbtk14 より:

    鳥居耀蔵がやった事を知ると、その頑迷で権力に執着する様にはゾッとするばかりでまさに妖怪。しかし解説されているように、権力にほど遠い人生を歩んでいれば市井でそこそこ尊敬される生涯だったはず。権力は本当に人を狂わせますね…。

  2. アーマードまつ より:

    忠節と勤勉が必ず善とは限らない。権力に酔い、落ちるところまで落ちた人ではあるけれど、彼は故郷の江戸と徳川の時代を何より愛していたのだとは思う。

  3. 宴は終わったが より:

    動画ありがとうございます。
    鳥居は明治維新のときに特にこれといった意見はなかったと聞きます。明治の東京で嘆くのであれば、自業自得とは言え戦後の占領下などはどう思うのでしょうね。

  4. ひろすけ003 より:

    解説どうがありがとうございます。労作感謝です。この話を聞いて鳥居耀蔵という人が恐ろしい政治を行ったということですが、彼だけではないように思います。儒教・朱子学で改革を語られれば協力せざるを得ないのが幕臣で、周りに林家出身の彼に賛同する者たちが多数いたのではないでしょうか。

  5. 四国の寝不足たぬき より:

    宮部みゆきさんが流罪時代の鳥居を「弧宿の人」で同情的に書いていますね。鳥居→船井加賀守、丸美→丸亀、京極→斯波となっていますが。

  6. モッチー2643 より:

    鳥居耀蔵は江戸湾測量を巡って江川英龍と対立したことで蘭学者嫌いになったと言われている。但し、多紀安良が蘭学書出版差し止めを主張した時には「天文・暦数・医術は蛮夷の書とても、専ら御採用相成」と主張して反対するなど、蘭学の実用性はある程度認めていた。

  7. 田尻美智子 より:

    失脚して長い年月に幽閉されても、明治時代まで生き延び、その強靭の精神力には、驚きました。お二人様の説明に つい 引き込まれました。‼️

  8. Baatarism Baatarism より:

    鳥居耀蔵はイデオロギー(この場合は朱子学)に凝り固まった強い人物が権力を握ると恐怖政治を行うという一例だったのでしょうね。すこし前の時代になりますが、フランス革命のロベスピエールを連想しました。

  9. Baatarism Baatarism より:

    鳥居耀蔵の肖像画が残っていないのは意外でした。江戸後期の有名な人物なら刑死した人であっても残っている事が多いと思うのですが、鳥居の肖像画は失脚後に焼き捨てられてしまったのでしょうか。

  10. Air より:

    動画の中で投稿主さんが何度も権力の犬と連呼するあたり、相当個人感情が入っているなとまず思いました。

  11. NSB より:

    鳥居耀蔵って明治まで生きてたんですね、丸亀時代のように穏やかに過ごすのが彼にとっては幸せだったのかもしれませんね

  12. 鼻毛 より:

    話を聞く限り、鳥居は「悪法も法である」を地で行った感じなんやな。
    西洋のホッブスや中華の孔子の考え方に賛成の立場だった人なんだな

  13. 神有月出雲 より:

    妖奇士では割と「職務に忠実で私情を挟まない気骨のある人物」として描かれてたなぁ。

  14. たくたく より:

    骨太な内容でした。
    思想強めな学者肌のひとに権力を与えてはいけない一例ですかね。過ぎたるは及ばざるが如しっと。

  15. lionflower より:

    ううむ。いきなりハナシが幕末に飛んで、ちょいとわかりにくかったです。
    できれば、蛮社の獄とその経緯についても一席お願いします。

  16. tesseract より:

    NHKでやってた岸田森さんのイメージです。Wiki見ると他の作品でもかなり豪華な役者さんが演じてますね。

  17. Baatarism Baatarism より:

    今回名前が出て来た高野長英は、単独で取り上げるべき人物だと思います。日本に西洋兵術を紹介して幕末に大きな影響を与えた人物ですし、個人としても黒船以前の江戸時代の混乱を体現するような数奇な人生を送りました。
    ただ彼を語るには、蘭学の流れやシーボルト事件、さらには蛮社の獄やそれ以降の西南雄藩、さらには江戸後期に勃興したヤクザの話も押さえないといけないので、やはり準備は必要ですよね。

  18. タロー.G より:

    蛮社の獄で渡辺崋山や高野長英みたいな高名な蘭学者を弾圧したのは日本史におけるの大汚点だと思います。

  19. ニイガタ・ソヴィエト共和国 より:

    権力を何か自分の理想を実現する為に用いるのではなく、ただ自分の虚栄心を満たすための道具として求める手段と目的が倒錯したタイプの人間っているけど鳥居はまさにその典型だよね。

タイトルとURLをコピーしました