【ゆっくり解説】無限ドロースキップ出来るけど緩和して大丈夫か?『刻の封印』について【遊戯王】

概要

今回は16年ぶりに禁止カードから制限に復帰を果たしたことで話題を呼んだ刻の封印について解説していきます。
その効果、相性の良いカードからテキストに隠された罠まで短い時間で分かりやすくまとめてみましたので、ぜひお楽しみください。

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. chemis a より:

    刻の封印の規制理由はカードパワーというより遅延によりマッチキルにつながることだと聞いたことがあります。
    過去でいえばタイムオーバーデス、現在で言えばエキストラウィンの温床になりかねないことから緩和が遅かったのかと考えられます。

  2. くらむ より:

    ドロースキップは強い弱いではなくダメだと思うのだが
    緩和は本当に予想外だった

  3. 獅子イチロク より:

    前は八咫烏に比べてこいつ使われんだろ…って言われてた刻の封印が、今や八咫烏以上に悪用の可能性を秘めてるの不思議だなあ

  4. ヤテシ より:

    八咫ロックにも言えることだけどそのコンボ決めるリソースで普通に制圧するかビートダウンした方が早いっていうね

  5. pad ssade より:

    ドローできなくてもそれを補う展開力で圧殺できる現代怖い

  6. furu furu より:

    自分は10年前くらいで遊戯王の知識が止まっちゃってる人間だけど「刻の封印が戻ってくる」はかなりなパワーワードでした。
    こういうオールドファンの気持ちを刺激してくれるの大好きです。

  7. 「」 より:

    今の遊戯王はリソース残しながら戦うからドローフェイズスキップはそこまで痛くないのがね

  8. Siz より:

    八咫はともかく時の封印は悪用できそうなんよなぁ

  9. セネト より:

    刻の封印が発売された頃は遊戯王やってたがノーマルカードがここまで禁止になるとは思ってなかったなw
    収録されてたアヌビスの呪いにはソロモンの律法書とかスキップさせたり地殻変動みたいな変わったカードが多かった気がする

  10. 月如 より:

    ドローロックされるのが遅めとはいえ特に条件やコストもなく発動出来るのはやばい気もしますが、そこは実際に使用してみないと分からないとですしこれからどうなるかですね

    本当にエラッタなしでは永遠釈放される事のないであろう2枚だと思ってたのでびっくりです

  11. 神無桂花 より:

    ハンド全除外してドローロックとか考えたけど、制圧盤面作る方が簡単なんだと改めて実感させられた。

  12. 平政カンパチ より:

    ドローフェイズなんてランダムで手札1枚を増やす事しか出来ないからな(錯乱)

  13. にせものおもちゃ より:

    緩和しても問題ない性能だけど、あえて緩和する意味もないから正直ずっと禁止カードだと思ってた
    悪用しかできない可哀想なカード

  14. フェイ より:

    ヤタガラスに召喚権+ダイレクトが通る=相手にそんな余裕展開がある時点で負け。
    先攻取って刻の封印の効果が適用される次の次のドローフェイズが回る=相手を封殺してて1ドローされても勝ちは揺るがないor相手に捲られてワンキルで実質効果が不発…みたいな感じが今の遊戯王だからな…

  15. 高架下のお嬢 より:

    しれっと刻印発動させた上で次のターンを耐えきり、刻印のことを忘れていた相手がドローフェイズを行ってしまいジャッジキル

    ありそう

  16. がむさん より:

    ヤタガラスと組み合わせてドローロックデッキ作りたい
    ドロバリンカーネイションで手札消し去った後に延々とロックできたらなとロマン溢れる

  17. CocoA CacaO より:

    先行ターンでマキュラの効果適用してとかとにかくセットしたターンに使える刻の封印なら後攻ドロー無くなるけど
    それを実現するのにリソース裂くとなるとデッキのサブプランとしちゃ重そう
    止めれてランダムドロー1回だもんな
    昔の環境だったから恐ろしかっただけで…と言える現代遊戯王よ

  18. hmks より:

    何処かの誰かが変態的なデッキ作ってくれれば八咫烏も環境入りするかもしれない()

  19. K I より:

    ドローフェイズは現代遊戯王において最も軽視されているフェイズじゃないかな…

  20. nailu moon より:

    個人的に使う使わないはさておきドローってカードゲームの醍醐味を封じるこのカードを許していいのかと思ったりする

タイトルとURLをコピーしました