【1998年東京】ゴミ収集車から圧縮された男児…何故そんなところに?『多摩市ダストボックス事故』【ゆっくり解説】

概要

#ゆっくりするところ #多摩市 #ごみ収集
今回紹介するのは、以前リクエストがありました「多摩市ダストボックス事故」です。
1998年夏。市内で男児がゴミ回収ボックスに圧縮された状態で発見されたという、衝撃ニュースが報道されました。
この男児は市内に暮らす12歳の「Bさん」。
大型のごみ回収ボックスの中に入っていたところ、回収業者が中身のごみと共に収集車へ投棄、車両の圧縮機で粉砕、圧縮されてしまったという、恐ろしい事故が発生しました。

被災当初に目撃者がいなかったため、何故業者はBさんに気が付かなかったのか。
Bさんは何故、こんなところに入り込んでいたのかなど、
多くの謎があり、この事故報道が行われると、様々な意見が飛び交い、各地で議論が行われました。

00:00 冒頭挨拶
00:32 視聴上の注意・免責事項
1:13 現地の説明
1:37 衝撃ニュース
1:57 清掃工場
2:44 異変、発覚
3:32 発見されたのは男児だった
3:56 ゴミボックスで遊んでいた?
4:39 そのまま回収されていた
5:55 圧縮式収集車
6:42 その後の裁判では
7:29 世間の反応
8:19 過去にも遊んでいた?
9:12 ボックス方式は廃止
9:25 業者も利用者も考えなければいけない

引用・出展・参考文献
多摩市
https://ishort.ink/x5gB
https://ishort.ink/5xKB
Wikipedia
https://ishort.ink/aFfR
トラック王国
https://ishort.ink/N4Tw
esponse
https://ishort.ink/Ec9f
その他視聴者提供資料など

ご要望にお応えして、メンバーシップの開設を行いました。
下記URLからも登録可能ですので、ご興味がある方は是非ご参加ください。
https://www.youtube.com/channel/UCcT5a1J7XJW7CLYI2RKl4pw/join

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 児玉源太郎 より:

    親御さんの気持ちは分からなくはない。大切な我が子がゴミと一緒圧縮されてタヒんでしまったとなれば感情の行き場が無く『中を確認してくれていたらタヒなずに済んだのに』という訴えをぶつけたかったのでしょう。しかし幼児が誤って入る高さではないしある程度の分別ある12歳の子が入るなんて想像出来ませんね。
    我が子が親不孝であったと諦めるしかないですね。御愁傷様です。ご冥福を祈ります。

  2. 卵黄 より:

    流石にこの件で業者に過失を問うのは酷でしょう…。子供が何をしでかすかわからないのは確かですが、過去にも注意されているのなら子供にボックスで遊ぶなと教え込めなかった親の責任の方が問われるのでは。予見できたかできないか、という点を問うならそれが出来たのは業者より親の方だったのでは、と思ってしまいます。

  3. 菅原政雄 より:

    元々、ダストボックス方式は、個別収集方式ではカラスや小動物に荒らされて不衛生という問題を解決でき、特に夜勤のある方とか時間に関係なくゴミ出しできる方法として導入されたのですが、結局このような結果になってしまいましたし。

  4. りー。 より:

    なんで気づかないとか回収業者を責めるのはどうかと思う。
    危険な事は親が教えなきゃいけないし、なんで人のせいにするのかな…

  5. 瑞雲 より:

    こんなん気付けって方が無理だし
    業者に責任押し付けるのは酷いわな
    両親が躾けるべき案件。
    まして12歳な訳であるからな
    裁判官が冷静に判断してくれて良かった
    何も悪い事してない業者の人生が
    潰されなかった事が唯一の救い

  6. 雪音桜花 より:

    予測不能な事をやってしまうのが子供の怖いところですよね。まさか回収ボックスの中に人が入っているとは思いもしなかったと思うし安全確認も車の周りが主になってしまうでしょうし…。残念な事になってしまった子には悪いけどこれはやっぱり回収ボックスに入ってしまった子に非があると思います。
    清掃会社を責める前に子供にちゃんと教えなかった親御さんが責められてしまうのは仕方ないかな…。

  7. くらげ より:

    当時この自治体の小学生だったけど、ものすごく大騒ぎになったのを覚えてる。
    学校では耳にタコレベルでゴミの回収ボックスに入るな!と言われ、程なくして回収ボックスが撤去されて戸別回収に切り替わった。行政が結構早く動いたことに子供ながらに大事だったんだなと感じた覚えがある。

  8. 唐突に20へぇするエビフライ より:

    解説お疲れ様です
    監督責任や収集時の確認とか云々じゃなく….ただただ不幸な事故になってしまった….
    こんなドラマみたいな事故が実際に起きるとは…危険予知の教育って本当に大事….

  9. ハムスタローン より:

    子供の保護者こそが反省するべき事案

  10. yk Kzm より:

    収集業者を責めるのは酷
    気の毒だが被害者と親が悪い

  11. 猫神様 より:

    なるほど。
    こういう収集用のボックスって、野生動物とかにゴミを荒らされる心配も無いのにどうして見かけなくなったのかと疑問に思ったことがありましたがこんな事故があったんですね。
    亡くなられたお子さんとご遺族は可哀想ではあるけど、それ以上に真面目に業務を執り行う中で犠牲者を出してしまった作業員の方々にも同情します。
    色んな立場、色んな方面から事故を無くす努力をしていかないとですね。

  12. 三ツ矢サイダー より:

    12歳ってかなり大きいやん…
    もっと小学校低学年かと思ってたから
    そんな所で遊ぶなんて親は思わないよな
    なんでこんなことに…

  13. rima より:

    これは久しぶりに想像してゾッとしてしまったわ。親の教育大事だよね。

  14. ドラゴンドラえもん より:

    本当に、恐い話しだし、躾は、しないといけないです。大人の責任

  15. ドナルド・トランプ(シンフォギアver) より:

    これは誰も予見できなかった事故で誰も悪くないと思う。
    そして、こういった理由で利便性に優れた回収ボックスを廃止するのも違うと思う。
    少年の犠牲を活かすためにもどういったリスクが潜んでいるのかを社会や家庭で周知させるべき。

  16. ジャントニオ猪馬 より:

    どう考えても回収業者には全く非は無いですよね。

  17. 激推真姫&せつ菜 より:

    亡くなった子供の
    ご冥福をお祈りしつつ
    妥当な判断を出した
    裁判官に称賛を送りたい。

    事故後の回収BOXの廃止した
    多摩市にもナイス判断でした。

    自分に子供ができたら
    危険なポイントを
    ちゃんと教えて
    事故防止に努めたいと思います。

  18. ところてん より:

    市や業者に非がなくて本当によかった
    こんなので大金払わされたら可哀想や

  19. Night Owl より:

    危険なところで遊ばない・遊ばせないようにしないと

  20. yf5hg7

  21. 匿名 より:

    死ぬほどバカで草

タイトルとURLをコピーしました