[ゆっくり解説]ヴィクトリア朝英国の食事(救貧院編)

概要

「豊かさを分かち合うのが文明」
「弱者に冷たいのは人として最も下等なこと」

〈イギリスと救貧法〉

イギリス(というかイングランド)ではクイーン・エリザベスの時から弱者救済政策が存在します。
「エリザベス救貧法(旧救貧法)」というものです。

それが徐々に発展していき「新救貧法」となり今回紹介した救貧院での食事に結び付きます。

当初は自分で自立生活不可能な貧困者は強制的に救貧院に入れられていたのですが、次第に院外救済も認められるようになり、今回紹介した時代あたりから不足した生活費分の補助も行われるようになりました。

〈関連動画〉

ヴィクトリア朝英国の食事(刑務所編)
https://youtu.be/9L3EqClcL9k

シャーロック・ホームズとベイカー街クック
https://youtu.be/Md8zEopnGtY

大英帝国グルメ(ある郷土食の話)
https://youtu.be/iYuOutIByd4

大英帝国グルメ(あの国民食が出来るまでの話)
https://youtu.be/vyqFwFcq0jY

大英帝国グルメ(香辛料と紅茶の話)
https://youtu.be/61OrB7T88gY

ツイッター
https://twitter.com/hidori_asuka

〈他のチャンネル〉

ゆっくり合戦絵巻
https://www.youtube.com/channel/UCj6wjNu8yQi47L2SeBP6fAQ

闇の歴史
https://www.youtube.com/channel/UCaSv8H3QLNAhIdKsx8L1XtA

小説も書いているのでよければどうぞ!

FC2(いつも小説を上げているサイト)
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=ttl&uid=12080106&isadult=0

小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n9737dh/

電子書籍(キンドル)
https://www.amazon.co.jp/-/e/B06Y13SFFL

画像をお借りしたサイト
 ・写真ACさん(https://www.photo-ac.com/
 ・イラストACさん(https://www.ac-illust.com/

BGMをお借りしたサイト
 ・甘茶の音楽工房さん(https://amachamusic.chagasi.com/index.html
 ・DOVAーSYNDROMEさん(https://dova-s.jp/

参考文献
 ・シャーロック・ホームズと見る ヴィクトリア朝英国の食卓と生活

http://newmofu.doorblog.jp/

コメント

  1. 佳乃 より:

    救貧院では骨を砕く作業があって、収容されていた人たちが骨髄を奪い合ってたとかいう話を見たような…
    本当にありそうな所ですね

  2. 伝説の麻婆豆腐 より:

    生活保護を貰っておいて困窮困窮と言ってる連中に見せてやるべき良い教材

  3. abbtk14 より:

    誰にでも救貧院に行くか誇り高く餓死するか選ぶ自由がある…、なんて言葉が何かの作品に出てきましたね…。

  4. 銘苅梓 より:

    「救貧院に入る」というのは本当の最終手段でした
    シャーロックホームズに出てくるストリートチルドレンたちや、切り裂きジャックに殺された娼婦たちもそれを避けるために必死に生きていました
    食事は生煮えだったり腐敗しかけていたものも平気で出され、家畜の世話の労働をさせられた人はラッキーで飼料をこっそり食べるような凄まじさだったそうです

  5. 岩田実 より:

    「エレファントマン」のメリック氏も、見世物小屋は比較的良かったけど、救貧院の事だけは思いだしたくもない。
    と言ってましたね

  6. neko76522 より:

    社会の声「貧困者に厳しければ、必死に働いて貧困者から脱すはずだ!」
    資本家「ほーん、まだ絞れるのか。給料据え置き労働時間追加で」

  7. ひねくりん より:

    「肉」は毛やチーズがもう獲れなくなった年老いた羊を利用してたのではないでしょうか?
    それも必ずしも赤身の肉とは限らず内臓等余り物になった部位だったりして

  8. ぼんくら より:

    待遇が良いとそれはそれで色々な問題が出てくるんでしょうねぇ…
    難しい…
    にしてもこれは酷い

  9. しば より:

    貴重な時間を奪われに来ました

  10. るこっく より:

    ひでぇなと思ったけど産業革命期の労働時間が10~16時間と今のブラック企業に勝るとも劣らないレベルだからある意味究極の自己責任なんかな

  11. hei nyamu より:

    現在の貧困ビジネスも似たような感じだって話があったなあ
    生活保護申請させ、タコ部屋に押し込み、食事は3食カップ麺のみ(それも貧困者に届けるという名目で寄付受けたもの
    そして普通に働かせると生活保護の支障になるからとボランティア名目で扱き使い、家賃食費光熱費は相場以上の金額を取る
    正直ほとんどこれと変わらんレベルなんだよなあ

  12. ぱだこ より:

    ヴィクトリア時代はそもそも大気汚染酷すぎだから、体力ない人は死んでしまうよね。

  13. Polistes jokahamae より:

    貴重な時間を差し出しに来ました。

  14. 健利 石原 より:

    本当に現代なら食パンの耳の方が、はるかに美味しくて腹も膨れるでしょうね…。食事式拷問で働くように…と、人権とか考えてなかったよう。家畜にエサをやる感覚か?(;_:)

  15. 東條誠ハイギヤード より:

    肉は牛肉じゃなくマトンじゃないかな?
    シャーロック・ホームズのシルバーブレイズ号失踪事件で、
    馬番の食事がマトンカレー(大麻大盛り)だったし。

  16. IgneousFatui〔イグニズファツィ〕 より:

    イギリスの中近世で肉って言ったら豚のイメージがありますね。あるいは羊か。
    でもそれだと上等すぎるかな。老いた牛とかかなあ?

  17. ・しんりょく より:

    待ってたぜ

  18. 和泉昌俊 より:

    エリザベス救貧法の性格・目的は福祉ではなく、治安維持ですからね。貧困は、犯罪の温床失業は犯罪に準じるものとされましたからね。

  19. ニコちゃん大王 より:

    スープはタダのジャガイモの水煮レベル

タイトルとURLをコピーしました