【悲報】コインチェック社、とんでもない疑惑が浮上・・・

仮想通貨(かそうつうか)は、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。
ヨーロッパ中央銀行は2012年に仮想通貨を「未制御だが、特殊なバーチャルコミュニティで受け入れられた電子マネー」と定義付けた。

 

米国財務省金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2013年に仮想通貨を「本物のお金」の対義語と位置づけ、どの司法組織においても法定通貨としての価値を持たないものとして、ガイダンスを発表した。

 

日本では2016年に成立した新資金決済法の下では、「仮想通貨」は「物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」又は「不特定の者を相手方として相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの」と定義されている。
 

歴史

仮想通貨の概念自体はアメリカで1995年には上院で言及されており[4]、1999年には一部の仮想通貨は存在していた[5]。しかしその発達は電子マネーやソーシャルゲームとともにあり、仮想通貨という表現も2009年ごろにできたものである[6]

2017年12月3日、原油確認埋蔵量世界1位[7]で経済危機に陥っているベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は石油や天然ガスなどの資源で裏付けられた仮想通貨の「ペトロ」を導入することを発表し[8]、1月5日に1億単位が発行された[7]。国家が発行する仮想通貨という点では世界初である[9]

[isSP]
[/isSP]
 
 

通常の通貨との関係

通常、通貨は国家や会社によって発行され価値を保証されているが、国家の経済政策や会社の運営方針による価値の変動リスクは常に伴っている。 一方仮想通貨は、利用者による仮想通貨自身への信用によってのみ価値が保証されているので、価値の変動を主導するのは利用者である。 現時点では日本では給与の支払い[10]や税金の納付は日本円で行う必要があるので、仮想通貨を手に入れるためには日本円で交換する必要がある。

問題点

仮想通貨は手形交換所がないので決済記録の義務が法定されていない。すなわち記録を同一の帳簿による義務がない上、具体的な期間で定めた記録保管義務がない。結果としてブロックチェーンの技術的特徴が法の抜け穴となっている。

他には以下の様な問題点が指摘されている。[11]ブロックチェーンはこれらの原因になりうる。

  • 利用者に対する価値の保証が無い。
  • 51%攻撃による取引記録の改ざん
  • 闇市場を生みやすい。
  • 課税の逃げ道になる。
  • マネーロンダリングに利用される。
  • 投資詐欺の可能性(国民生活センター平成29年3月30日報道)

種類

600種類を超える仮想通貨が存在し、それらの推定時価総額は2016年4月時点で約80億ドルである[12]

  • ビットコイン[12]
  • XRP(Ripple(支払いシステム)[12]
  • イーサリアム[12] – 不動産や信託などに使われる[12]
  • ライトコイン[12] – ビットコインから派生した暗号通貨。
  • 「リンデンドル」(Linden Dollar) – 仮想世界Second Life(セカンドライフ)で使用される[12]
  • ヴァージ
  • 「クローバーコイン」 – 48ホールディングス株式会社が販売していた。

 

wiki
 
↓↓ コインチェック社に浮上したやばすぎる疑惑・・・ ↓↓

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821