【衝撃】島田紳助の現在。芸能界復帰準備中…!?

島田紳助さんといえば

2011年に暴力団との交際が明らかになり芸能界から引退

以後、一切姿を見せなくなりましたが

今回、芸能界復帰説が浮上していると話題になっています。

島田紳助

島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年3月24日 – )は、日本の元お笑いタレント、司会者。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。

コンビ解散後は司会者に転身。毒舌トークと鋭いツッコミが持ち味のお笑い系司会者として不動の地位を築いた。芸能界入りの1974年から2011年の芸能界引退時まで一貫して吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。

愛称

多くの芸能人からは「紳助さん」「紳助師匠」と呼ばれていたが、同期の明石家さんま、オール阪神・巨人や和田アキ子、笑福亭鶴瓶、上岡龍太郎、坂田利夫、やしきたかじん、ビートたけし、間寛平、B&B(島田洋七・島田洋八)、タモリ、大橋巨泉などの年上の著名人及び、年下の先輩の著名人からは「紳助」、山城新伍からは「紳助ちゃん」、今田耕司や松本人志からは「紳助兄やん」と呼ばれていた。また、クイズ ヘキサゴンⅡでは、「カシアス島田さん」、「カシアスさん」などと呼ばれることもあった。

身体

自称身長170cm、体重70kg。

家族構成

配偶者(妻)は一般女性で、娘3人。孫がいる。

学歴

京都市立唐橋小学校、京都市立八条中学校を経て大谷高校卒業。京都学園大学経済学部に入学したが、入学試験が面接だけであり、ここに4年間通っても得るものは少ないと考え、親が入学金を支払った直後に弟子入りしたため通学はしていない。

職歴

吉本興業に属していたが、別に「有限会社オフィス百三十アール」(通称 「130R」)という個人事務所を設けている。事務所の名前は鈴鹿サーキットにあるコーナーの名称に由来している。1999年7月[8]から2011年3月末まで京都市特別観光大使を務めていた。同年8月23日に芸能界引退を表明。また、株式会社ディンプスの相談役を引退に伴い2011年8月24日付けで引責辞任した。

[isSP]
[/isSP]

弟子

紳助に弟子入りを申し込んで断られた板尾創路は前述の「130R」という名前を気に入り、紳助の了承を得て、「130R」という名前をほんこんと自身のコンビ名にした。そのほか、島田半平太(引退)、島田まさしらが弟子である。

趣味・嗜好

1986年から1995年までの10年間、レーシングチーム『チーム・シンスケ』の監督として、鈴鹿8時間耐久ロードレースや全日本ロードレース選手権に参戦した。NHKのスポーツ番組でインタビューが放送されたこともある。1980年代後半はバブル景気の絶頂期であり、モータースポーツ界には各方面のタレントをお飾りで監督に仕立てた(つまりサーキットに来てもレース関係の仕事は何もしない)レーシングチームが2輪・4輪を問わず乱立していたが、紳助は自ら企画書を作成してスポンサー企業を回ったり、レース当日は自分で作戦を立ててライダーやスタッフに指示を出したりし、他のタレント監督とは完全に一線を画していた。その時の活動を書いた著書『風よ、鈴鹿へ』は、小説ではあるがノンフィクションに限りなく近い作品である。また、1991年にはバイクレースをテーマとした映画『風、スローダウン』の監督をつとめている。

自身も高校時代に経験しているためかボクシングに対しての造詣が深く、他のスポーツに比べてマイナーなイメージがある事を遺憾に思っている。先述の亀田一家のパフォーマンスや、辰吉丈一郎が対戦相手を挑発する行為に関しては、そのマイナーなボクシングを世間にアピールするための言動であると評している。また渡辺二郎との交友歴が長かったが、これが後の芸能界引退の契機となった。

父親が元国鉄職員だったゆえに鉄道に関する知識もあり、自身司会の『クイズ!ヘキサゴン』で「神戸-東京間の在来線(東海道本線)の全駅名を暗唱する」という特技を披露したことがある。[9]

わたせせいぞうの作画で漫画原作を担当している。だが本人は子供の頃から漫画を読まず、熱中したアニメもないという。そのため、フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』のタイアップ曲である「風をさがして」の作詞を真面目にせず、ファンから酷評された[10]。しかしながらジブリ映画にははまっており、中でも『耳をすませば』は「凄く良かった」と著書で絶賛していた[11]。また、1990年に放送されたアニメもーれつア太郎の主題歌を島田紳助&バスガス爆発楽団名義として担当していた。

↓↓ 島田紳助の現在。芸能界復帰準備中…!? ↓↓

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821