【津久井やまゆり園事イ牛】是非読んでほしい 障害者支援団体からのメッセージに感動・・・

この対応はとても素晴らしいと思う。

他人事と思わないで読んで頂きたいです。

 

相模原障害者施設殺傷事件

相模原障害者施設殺傷事件(さがみはら しょうがいしゃしせつ さっしょうじけん)は、2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区千木良476番地にある、神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に[1]、元施設職員の男A(犯行当時26歳)が侵入し[5][6][7][8]、所持していた刃物で入所者19人を刺殺し、入所者・職員計26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件である[5][6][7][8][1]

殺害人数19人は、第二次世界大戦(太平洋戦争)後の日本で発生した殺人事件としては最も多く[9][注釈 1]戦後最悪の大量殺人事件として[注釈 2][11][12]、日本社会に衝撃を与えた[13][5]

[isSP]
[/isSP]

2016年7月26日午前2時38分[注釈 3]、相模原市緑区千木良の知的障害者施設「神奈川県立 津久井やまゆり園」[1][2]から神奈川県警察[1]・相模原市消防局にそれぞれ[15]、「刃物を持った男が暴れている」との通報があった。事件に気づいた施設の当直職員が、非番の男性職員にLINEを使って「すぐ来て。やばい」[14]と連絡を取り、連絡を受けた男性職員が電話で確認の上警察に通報した[16][14]。現場に駆け付けた医師が19人の死亡を確認し、重傷の20人を含む負傷者26人が6か所の医療機関に搬送された[1]

死亡したのは、いずれも同施設の入所者の男性9人(年齢はいずれも当時41歳 – 67歳)、女性10人(同19歳 – 70歳)である[17][1][18]。死因は19歳女性が腹部を刺されたことによる脾動脈損傷に基づく腹腔内出血、40歳女性が背中から両肺を刺されたことによる血気胸、残り17人が失血死とされ、遺体の多くは居室のベッドの上で見つかっていたことから、Aが寝ていた入所者の上半身を次々と刺したとみられる[19][6]。また、負傷したのは施設職員男女各1人を含む男性21人、女性5人で[18]、うち13人は重傷を負った[17]。入所者24人の負傷内容は全治約9日 – 約6か月間の胸への切り傷や両手の甲への打撲などとされる[6]。被害者の名前について、神奈川県警は同26日、「施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」として、公表しない方針を明らかにしている[20]。そして被害者の家族の一人は公表しない理由を、「日本では、全ての命はその存在だけで価値があるという考え方が当たり前ではなく、優生思想が根強いため」と説明した[21]

 

↓↓ 是非読んでほしい 障害者支援団体からのメッセージに感動・・・ ↓↓

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821