【悲報】藤井聡太の姉弟子、色気がムンムンな件wwwwww(画像あり)

2018年4月7日

藤井聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 – )は、将棋棋士。杉本昌隆門下。棋士番号は307。21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士。連勝記録で歴代1位タイの記録保持者であり、またプロ初対局初勝利から続く「新人連勝記録」で歴代単独1位の記録保持者でもある
AS20170617002523_comm
母親からは「生活能力が低い」と評されている。小学校を卒業した頃に、関西将棋会館(大阪市)での奨励会例会に一人で行かせたところ、服や傘を全て将棋会館に置いたままで帰宅したという

 

プロとしての公式戦初対局は2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦の初戦、加藤一二三との対局。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。この対局を110手で勝利し公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録を更新した。

 

2016年度

公式戦初対局は、2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦、加藤一二三との対局。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。藤井が更新するまで最年少棋士記録を保持していた加藤を110手で破った藤井は、公式戦勝利の史上最年少記録を更新した(14歳5か月)。[15]

2017年度、連勝記録を更新(29連勝)

2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、プロ初対局初勝利から無敗で11連勝を記録。これはかつて松本佳介と近藤正和がそれぞれ記録していた無敗での10連勝を上回る、20年ぶりの新記録となった[16]。その後も連勝は続き、2017年6月26日に行われた竜王戦本戦1回戦で5組優勝の増田康宏に勝ち、神谷広志が30年近く保持していた28連勝の記録を抜き、デビューから無敗のまま歴代最多連勝記録を更新した[17]。しかし、連勝記録更新の6日後の2017年7月2日に行われた竜王戦本戦2回戦での佐々木勇気との対局で、プロデビュー後初の負けを喫し、連勝記録は29連勝でストップした[18]

[isSP]
[/isSP]
 
 
 
 

藤井の連勝中は各メディアが広く取り上げ、大きな注目を浴びた[19][20][21]。連勝記録での活躍を受けて各メディアで特集される機会も増え、2017年6月23日放送の東海テレビ製作のドキュメンタリー番組は、当初東海ローカルで放送予定だったが[22]、28連勝を受け、番組ネット局が制作局を含むフジテレビ系列27局に拡大された[23][24]

2017年11月21日、公式戦通算50勝の史上最年少記録を更新(15歳4か月)。それまでの最年少記録は、羽生善治が1987年4月に記録した16歳6か月であった。[25]

公式戦に並行して通常の新四段に対しては組まれない非公式戦も行われ、2017年3月から4月にかけてAbemaTV将棋チャンネルで配信された「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」では、増田康宏(2016年新人王)、永瀬拓矢(2016年棋聖戦挑戦者)、斎藤慎太郎(2016年度勝率1位)、中村太地(2012年棋聖戦・2013年王座戦挑戦者)、深浦康市(A級在位中)、佐藤康光(A級在位中・将棋連盟会長)、羽生善治(タイトル三冠保持中・A級在位中)という7棋士と対戦し、敗戦は永瀬戦のみの6勝1敗と大きく勝ち越した。特に2017年4月23日放送(収録日は同年2月18日[26])の羽生戦の勝利は、非公式戦であるにも関わらず各メディアで広く報道された[26][27][28]。藤井と同じく中学生棋士としてプロ入りした羽生は、AbemaTVの取材に対し、デビュー当時の自分と比べても藤井の将棋は完成度が高く、今後の成長に大いに期待できるとコメントした[29]

wiki
 
 
↓↓ 藤井聡太の姉弟子、あざとすぎるwwwwww(画像あり) ↓↓

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821