【悲報】いしだ壱成、生活保護の可能性・・・

いしだ 壱成

いしだ 壱成(いしだ いっせい、1974年12月7日 – )は、日本の俳優、ミュージシャン。本名は、星川 一星(ほしかわ いっせい、旧姓:石田)。左利き。株式会社神南[1]に所属している。

 

人物

東京都出身[1]。実父は俳優の石田純一、実母は緑の党で「脱原発の日」サイト管理を担当する反原発活動家の星川まり(作家・翻訳家)母方の伯父は、グリーンピースジャパン事務局長を務めた星川淳。異母妹はモデルのすみれ、父方の祖父は元NHKアナウンサーの石田武、曾祖父は元記者の石田武太郎。伯母は音楽家の石田桃子。

生い立ち

実父・純一は星川まりと学生結婚、実父・純一が20歳の時に壱成が誕生。3歳の時に両親が離婚、母親のまりに引き取られる。父方の祖父の武が父親代わりを買って出て溺愛したという。1989年に祖父が亡くなるまで敬愛をしていた[2]。ヒッピー的なコミューンで屋久島、八ヶ岳、アメリカオレゴン州などを転々として育つ[3]。オーストラリア留学後帰国した16歳で、伯母の石田桃子のコンサートで実父・純一と再会。

[isSP]
[/isSP]
 

芸能界

スクープ記事

1991年、当時トレンディドラマに立て続けに出演し“トレンディ俳優”として人気を博していた石田純一にスキャンダルが持ち上がる。女性週刊誌『女性セブン』に“石田純一の隠し子”と、壱成の存在をスクープ記事として掲載される。(同年5月、「噂の真相」に“石田純一に愛人隠し子”のキャプションつきで掲載されたが、後発の「女性セブン」の記事に経緯、綿密なインタビューが掲載された。)記者の取材に対して言葉は少ないながらも肯定した壱成の記事を受けて、純一も芸能レポーターらの取材に応じ「隠していたというのは語弊がある。最初の結婚や子どもがいたことを公表していなかっただけ」と事実を認めた[4]

俳優デビュー

石田純一のコンサートに偶然居合わせたTV番組プロデューサーの目に止まり、フジテレビ、ザ・テレビジョン10周年記念ドラマスペシャル「悲しいほどお天気」に出演、中性的な演技で注目を集め、「フェミ男」と呼ばれ、支持された。同局の「ボクたちのドラマシリーズ」「放課後」に出演。その後も『ひとつ屋根の下』『聖者の行進』などのヒット作に出演。そして『未成年』で主演男優賞を受賞したことで、役者としての人気・実力を不動のものとする。

音楽デビュー

1994年に歌手としてワーナーミュージック・ジャパンより「WARNING ワーニング」でデビュー、アルバムはゴールドディスクを受賞する。アルバム2枚をリリース。 俳優デビュー前からバンド活動を行っていた経験から、DJ DRAGON、武田真治らと「THE BIG BAND!!」として活動しており、キーボード&ヴォーカルを担当。 1996年にワーナーミュージック・ジャパンより「HOT ROAD 1996」でデビューする、赤坂ブリッツにてライブを行う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%A0%E5%A3%B1%E6%88%90

 

↓↓ いしだ壱成、生活保護の可能性・・・ ↓↓

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821