オウム麻原彰晃の三女・松本麗華の衝撃の現在・・・TV出演や結婚は?

2018年7月6日

もう20年前に起きたことですが、記憶に残っているでしょう。オウム真理教の教祖・麻原彰晃の三女である松本麗華。彼女の現在が話題になっているのです!

一体何が…?

麻原彰晃の三女・松本麗華プロフィール

松本麗華
出典;お父さん分かりますか?

本名:松本麗華(まつもとりか)
ホーリーネーム:アジタナーター・ウマーパールヴァティー・アーチャリー
生年月日:1983年4月(34歳)
出身地:千葉県
麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女。

麻原彰晃の三女として生まれ、幼いころより後継者としての教育と寵愛を受ける。千葉県船橋市に家族とともに住み、3歳からは幼稚園にも通っていたが、5歳の頃、家族とともに静岡県富士宮市のオウム真理教富士山総本部へ移住。2歳ころから石井久子や新実智光、村井秀夫、岐部哲也、山本まゆみなどに世話をされ育つ[2]

オウム真理教解体後は、小学校や中学校には通えず、入学には1ヶ月間の観察期間が必要であったため、小学校3年時から通信教育を受ける[1]。日出高等学校の通信制(単位制)を経て、2004年に文教大学人間科学部臨床心理学科に入学。大学では心理学を学び、2008年卒業。その後はアルバイトをしながら心理カウンセラーの勉強を続けている。この間、テレホンオペレーターのアルバイトを行っていた際には、社長から「アーチャリーに似ている人がいる」と電話が入りクビになるなどする[1]

[isSP]
[/isSP]

2015年3月20日には講談社より本名で半生を振り返った手記を公開。この中では松本死刑囚を「大好きな父」としたことを、受け止められない人や多くの批判があることは理解しているが、そうした意見を聞いて、自分自身を作り上げていきたいと語っている。本を出版した理由として「このままでは父の真相が分からないまま葬られてしまう」との危機感があったことと、自分自身が「自分の人生を生きていない」という甘さがあることを知ったことなどをあげている。手記中には、父・松本智津夫を一貫して「麻原彰晃」と記しているが、本人は幼少期から松本を麻原彰晃として、あるいは教祖として見ていたため、松本智津夫と聞くとまるで「どこかの知らないおじさんみたいな感じがする」と述べている[3]。父である松本智津夫に対しては、今もかけがえのない存在であり今も温かくて包容力のあるどっしりとした父としてのイメージもあるという[4]

しかし、その後の生活は決して楽なものではなかったと思います。

そんな彼女は今、何をしているのでしょうか…?

 

↓↓ 松本麗華の意外すぎる現在とは・・・? 次のページへ ↓↓ 

[isSP]
[/isSP]

未分類

Posted by tanu0821